監修医院 ごうクリニック CLICK
HOME > 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群


睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndorome:SAS)とは?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndorome:SAS)とは?のイメージ

読んで字の如く、眠っている間に何度も呼吸が止まったり(無呼吸)、気道の空気の流れが悪くなったりする(低呼吸)疾患です。

医学的には、10秒以上の呼吸停止が「7時間(一晩)の睡眠で30回以上ある場合もしくは1時間に5回以上無呼吸や低呼吸数が5回以上の場合」ですと睡眠時無呼吸症候群だと診断されます。
この1時間あたりの回数を無呼吸低呼吸指数(AHI:Apnea Hypopnea Index)といい、重症度を決定する際に用います。

日本人は睡眠時無呼吸症候群を発症しやすいと言われています

日本では、睡眠時無呼吸症候群(SAS)で症状のある人は200万人いるといわれており、肥満傾向にある30~60歳代の男性に多く、女性では閉経後に増加します。
また、日本人が軽度な肥満であっても睡眠時無呼吸症候群になりやすいのが骨格の部分に問題があるからと言われています。睡眠中のため何がおきているかご本人はよくわからない訳ですが、睡眠時無呼吸症候群は度々呼吸が止まるためにしっかりとした睡眠がとれず、日常での生活や健康面に様々な支障を引き起こす病気で、治療をせずに放置していると生命に危険を及ぼす場合もあります。

睡眠時無呼吸症候群の原因

無呼吸はどうして起きるの?

睡眠時無呼吸症候群の原因は、閉塞型と中枢型の2種類に分類されますが、多くの方は閉塞型です。

多くの方は気道が狭くなることが原因です
睡眠時無呼吸症候群の原因のイメージ

気道が狭くなる具体的な原因として下記があげられます。

上記の原因により、無呼吸が発生して酸素が欠乏状態になると、人間はなんとしてでも酸素を取り入れるために鼻だけではなく口も開けて呼吸を始めます。この口呼吸は、気道の陰圧をさらに強くするため、気道はもっと閉塞し易くなり、無呼吸が悪化するという負のスパイラルに陥るわけです。

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群(SAS)によく見られる症状は、以下の様なものがあります。

その他

寝相が悪い、寝汗をかく、ED(勃起不全)、記憶力・集中力の低下、足がむくむなどの症状がみられます。

睡眠時無呼吸症候群の危険性

合併症

長い間、睡眠時無呼吸症候群を治療せずに放置した場合、下記のような病気にかかりやすいといわれています。

高血圧 約2倍 脳卒中 約4倍 糖尿病 約1.5倍

上図の通り、睡眠時無呼吸症候群の方は、健常人と比較すると約2倍高血圧になりやすく、高血圧の治療を受けているにもかかわらず薬が効きにくい場合には睡眠時無呼吸症候群が関係していると言われています。
また、脳卒中の場合は健常人の約4倍なりやすく、糖尿病や高脂血症(脂質異常症)、夜間突然死との関連性もわかってきています。

労災・交通事故(社会的影響)

睡眠時無呼吸症候群は日中に眠くなる病気ですので、車の運転中、工場での作業中、会議中、商談中など前ぶれなく眠気が襲ってくると、「労災や交通事故を引き起こす」、「作業効率が下がる・生産性の低下」といった様々な問題が生じます。

労災・交通事故(社会的影響)のイメージ

ご存知の方も多いかと思いますが、2003年に山陽新幹線の運転手が睡眠時無呼吸症候群による居眠り運転事件があり、睡眠時無呼吸症候群が注目されました。
このような悲しい事故を今後防ぐためにも、睡眠時無呼吸症候群に心当たりのある方は専門病院・クリニックを受診することをおすすめします。

MOBILE SITE 携帯サイトはこちらから
QRコード

大きな地図で見る〒457-0006
愛知県名古屋市南区鳥栖2-3-1
ホームページを見たとお伝えください 052-821-3883受付時間
【月・火・木・金】
9:00~12:00 / 17:30~19:30
【土】
9:00~12:00

詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2016/06/16

【夏期休診のお知らせ】
8月10日(水)〜17日(水)は休診とさせて頂きます。